休みの日に症状が改善する人、悪化する人

休みの日にあなたの症状は悪化しますか?少しマシになりますか?

本来、歪みの状態が一日にして悪化、改善することはありませんので、

自律神経の作用ということになります。

 

休みの日に痛みが改善する人。

これは日頃よりイヤイヤオーラを放っている状態でしょう。

なんとか仕事から逃れる言い訳を作ろうと体の具合が悪くなっているか

ネガティブ思考でなんでも悪い方向に考えているのかもしれません。

 

休みの日に症状が悪化する人。

仕事中は気合が入り、交感神経が優位に働いて、

痛みを感じにくい状態が続いています。

寝ている間は副交感神経が優位じゃないの?と考えがちですが、

上手に副交感神経が働いているものは一部で、

多くはうまく副交感神経に切り替わっていないのです。

 

ですので、休みの日には一気に副交感神経が優位にたち、

症状が悪化するのです。

 

一見後者のほうがイメージがよさそうなのですが、

一気にからだを悪くしてしまう可能性が高いのが後者と考えています。

もちろん程度によります。

前者も常に相当のストレスを感じたままですと悪いことになります。

 

前者と後者はストレスの捉え方の違いがあるというだけで、

原因がストレスであることは間違いありません。

 

理想は日々少しでもいいのでストレス解消の要素を取り入れることで全体的な改善が望めます

コメントは受け付けていません。