変化について

人はなかなか変化を好みません

同じようなことを繰り返すほうがストレスがないからでしょう

ところがこのストレスのない状態が続くと

変化に弱いことになります。

更にはストレスがないこと自体がストレスになります。

ます、人として生活をしてくことで変化がないということはありえません

かならずある変化に対して免疫がなくあんることで、大きくストレスの掛かる状態になってしまいます。

また、人は潜在的にストレスがあることが前提に成り立っています。

ストレスが成長にもつながりますし、体の変化が体調のバランスを整える作用もあります。

変化の与えるドキドキ感はとても健康にとってプラスです。

変化が与えるストレスは決して悪いものではありませんが、あまりにもネガティブな変化は悪いストレスを与えることもあります。

フォローする