熱があると、節々が痛くなり肩こり、腰痛などきつくなります。

特に寝起きなどは痛みですぐに体が動かない時も珍しくありません。

体に悪い箇所がなければこれほどの痛みに悩まされることはないのでしょうが、全く体に悪い箇所がない人は皆無ですので、ある程度はしかたがないことでしょう。

この現象が起きる原因ですが、筋肉のこわばりが考えられます。

では容器の際に何故こわばってしまうのかというと、体が病気の治療に専念し、筋肉を動かそうと準備をしていない、つまり完全に筋肉のおやすみモードになっているのです。(筋肉は休むと柔らかくなるのではなく、固くなるのです)

さらに、病気で体が敏感になってしまっているために余計に痛みを大きく感じてしまうのです。(これは痛みを抑制する力が弱くなっていると考えます)

結論は『仕方がない』になるのですが、体の悪い箇所を少しでも改善すれば、痛みの強さも少しでも柔らかくなる可能性はあると考えます。