良いストレスがあります(冷え性も治せるかも)

ストレスといえば、悪いイメージではないでしょうか。
ただし、英語でストレス(stress)とは圧力や圧迫感などを指し、いやな上司などから受けるものに限定されていません(笑)

さて、そんなストレスですが、人の成長の上では欠かせない存在なのです。

人間関係のストレスということは、例えば、学校での集団生活。
人とのコミュニケーションはまあまあストレスを感じるものです。意地悪な同級生もいることでしょう。
そんな環境に適応することで、人として成長し、新たなストレスにも立ち向かえるようになるのです。

少し角度を変えると、筋肉もそうです。
楽なことをし続けると体は軟弱になっていき、関節、姿勢に悪影響を及ぼすとともに内臓への悪影響すら出てきます。
筋肉を鍛えるということは適切なストレスを与えるということです。

そういう意味では、冷え性にもストレスを与えると良いと感じることがあります。
冷たい水と熱いお湯に交互に足先、指先を付けてストレスを与えることで、血流を改善することができると思います。
ただし、体力、気力が低下していると感じるときにはやらないほうが良いかも。余計にひどくなるかもしれません。

色んなストレスが体に良い影響を及ぼしますが、心身ともにストレスに耐えることができるタイミングでストレスを適度に与え続けることが重要であると感じます。

コメントは受け付けていません。