仙腸関節と腰痛

仙腸関節という関節があります。
仙骨というしっぽにつながるお尻の真ん中の骨とお尻の骨である腸骨が構成する関節です。
その関節はそんなに動きませんが、ほんの少し動いてしまいます。
そのほんの少しの動きが痛みにつながるのです。

骨盤の後傾が常態化する現代人ですが、その後傾がくせもので、仙骨より腸骨のほうがより後傾してしまいます。
そうなると当然神経を刺激しますので痛みへとつながります。
坐骨神経痛と言われる症状の原因になる可能性もあります

フォローする