顎関節症

  • 顎関節症は20歳代の女性に多い
  • あごの動作で、顎関節の痛み、異音(クリック音)、顎関節周囲の筋肉や靱帯の圧痛など
  • 開口障害咀嚼障害
  • 頚肩腕のコリ、痛み

顎関節症の原因

顎関節症の一般的に言われる原因

  • 過度の開口(あくびなど)や、硬いものをかんだことがきっかけで発症
  • 歯のかみあわせの異常によって顎関節(とくに関節円板)が傷ついたり、あごの運動に関与する咀嚼筋の連係に支障をきたすことによる
  • 精神的ストレスからくる顎関節周囲の異常な緊張も関与

  • 発生の起序
    • 日常で物を噛むときに、左右どちらかでかむ癖がある
    • 顎に左右差が出来、筋緊張にもアンバランスが生じる
    • ストレス、疲れなどで自律神経調整が弱くなる
    • 顎関節症の症状が現れる
    • 頚部など、周囲の筋緊張が慢性化する… etc.

顎関節症へのアプローチ

  • 顎関節周囲の筋緊張の緩和をする。
  • 顎関節の位置調整
  • 頚肩部の歪み、筋緊張の緩和をする
  • 全身調整で、自律神経調整を行い、ストレスなどによる影響を受けにくいようにする

顎関節症治療に際しての確認

全身施術する理由
  • 全身施術により、自律神経に働きかけやすくなる
  • 自律神経が整うと、顎関節にかかる周囲筋からの影響が少なくなる。
  • 再発しにくい状態を作りやすい etc.
その他気を付けたい点
  • 噛み合わせは長年の積み重ねで形成されますので、完全に戻すことは出来ないと考えてください
  • ただし、付随する肩こりや頭痛などの症状は、顎関節が完治しなくても、かなりの軽減が期待されます。
  • また、顎関節の痛みに対しては効果的に治療が行える可能性は高いです。
  • 生活環境においても改善の速度に大きく影響を与えますので、無理をせず一緒に改善に向けがんばりましょう。

顎関節症のコラム

フォローする