• 片方の肩に発生(両側に発展することも多いです)
  • 動作時痛
  • 痛いほうの肩を下にして寝られない  etc.
    • (動かさないで放置してしまうと肩関節の稼動範囲が狭くなる)

五十肩(四十肩)の原因

  • 腱など肩関節周囲の組織の老化
    • (よく40~50歳代におこる肩関節周囲炎)
  • また、以下の原因で、五十肩(四十肩)は発症すると考えます
    • 姿勢ストレス筋力低下などの病的な筋緊張からの肩関節周囲の変形など
    • ストレスがかかりやすい年齢と、体力が急に落ちだす年齢丁度一致した40~50歳におこる

五十肩(四十肩)へのアプローチ

  • まずは可動域の改善
  • 肩周囲のズレを見つけ、修正をする
  • 肩背部を中心とした、全身調整を行う
  • 自律神経調整を行い、自己治癒力を高め、改善を促進する

五十肩(四十肩)の治療に際しての確認

全身施術する理由
  • 全身施術により、自律神経に働きかけやすくなる
  • 再発しにくい状態を作りやすい etc.
その他気を付けたい点
  • 痛みを我慢してストレッチをい強引にしても改善されるものではありません。
  • ストレッチは強い痛みを感じない程度の範囲で行なって下さい
  • 治療によって痛みの軽減は早まりますが、それでも改善まで長くかかる症状です。
  • 症状が出た時には、すでに歪みは大きく進行しています。早めの正しい対処が必要です。
  • 生活環境においても改善の速度に大きく影響を与えますので、無理をせず一緒に改善に向けがんばりましょう。

五十肩(四十肩)のコラム