• 手足の指先など抹消の冷え感
  • 自覚症状があれば、他覚的に冷えがなくても冷え性と判断する

冷え性の原因

冷え性の一般的に言われる原因
  • 末梢の血流の悪化
  • 血流の悪化の原因はホルモンバランス、栄養バランス、自律神経調節系等様々  etc.
  • 上記の原因として一番に言われるものはストレスです。
  • また、ストレスに加えて内臓系の不良(姿勢による内臓圧迫、内臓下垂を含む)も考えられます。

冷え性へのアプローチ

  • 自律神経調整機能へのアプローチ
  • 頚部へのアプローチ(頚部の歪みは全身への影響が考えられます)
  • 骨盤付近へのアプローチ(骨盤の歪みは主に内臓への影響が考えられます)
  • 全身調整で自律神経調整を含め、再発しにくい状態を作ります

冷え性に際しての確認

  • 冷え性は自律神経が大きく関与します。
  • 関節が痛い場合と違い、状態が取れにくいのが冷え性です。
  • 冷え性の原因は多岐にわたります。生活習慣の改善が必要になります。
  • 自律神経と骨格調整を同時に行うことで、再発しにくい状態を作りやすい。 etc.

※内蔵が悪いと冷え性になるのはなぜでしょうか。人の体には血流の優先順位があります。内臓系、脳が優先されます。命の関わる部所だからです。不調であるならばそこに血流が集中され、手足(特に足)は後回しになります。

冷え性のコラム