• 疲労や病気により肉体的、および精神的に動作が緩慢になる

倦怠感の原因

倦怠感の一般的に言われる原因
  • 疲労によるもの
    • 肉体疲労、ストレスなど (気の弱い人、神経質な人、失意の境遇の人などはより強く感じる傾向がある)
  • 病気によるもの
    • 内分泌腺の病気による倦怠感
    • 糖尿病、甲状腺機能亢進、甲状腺機能低下症、アジソン病、原発性アルドステロン症 等
    • 脳・脊髄の病気でおこる倦怠感
    • 進行性筋ジストロフィー、重症筋無力症 など

※上記に加えて頚部、脊柱、胸郭付近の歪みと筋緊張による呼吸器を含めた内臓系の不全による倦怠感も可能性が高いと考えます。これに関しては整体の効果が高いとなります。

倦怠感治療に際しての確認

  • 全身施術により、自律神経に働きかけ、改善をはかります。
  • 持病をお持ちの方は、まず病院の治療を優先されたほうが良いです。
  • 当院の無痛整体療法は、体に余計な負担をかけることなく、体のバランスからのアプローチと、自律神経の調整による、精神的なアプローチの両面から治療を行いますので、病院との並行した治療でも効果を高めることが出来ます。
  • 生活環境においても改善の速度に大きく影響を与えますので、無理をせず一緒に改善に向けがんばりましょう。

※長期の倦怠感は重篤な症状の可能性もありますので、病院での診断を強くおすすめします

倦怠感のコラム