オスグット(成長痛)

  • 脛骨結節部(膝の下の膨らんだ所)の痛み。動作で悪化し、腫れと圧痛が生じる。
  • 成長期に現れる症状

オスグット(成長痛・オスグッド)の原因

オスグット(成長痛・オスグッド)の一般的に言われる原因
  • 膝の下のふくらみ(頚骨粗面)が繰り返し強く引っぱられることによって、肥大や断裂が起こる
  • 成長期の骨と筋肉の長さのバランスが崩れたときにおこる
        1. 骨が先に成長しすぎて筋肉がそ成長のスピードについていかないとき(多い)
        2. 運動による筋緊張で、もともと骨に比べて短めの筋肉が頚骨粗面を強く引っ張る
        3. 大腿後面の筋肉の筋緊張によるひざ関節のずれ(あまり言われていない)

オスグット(成長痛・オスグッド)のアプローチ

オスグット(成長痛・オスグッド)の無痛整体的アプローチ
  • 大腿周辺、腰部周辺の筋緊張緩和
  • 膝部の歪み修正
  • 自律神経調整を行い、今後のバランスよい成長を促す

オスグット(成長痛・オスグッド)治療に際しての確認

知っておいてもらいたいこと
全身施術する理由
  • 全身施術により、自律神経に働きかけやすくなる
  • 再発しにくい状態を作りやすい etc.
その他気を付けたい点
  • 成長しきっていない子供の骨はやわらかく変形しやすいので、筋肉の引っ張る力に負けてしまうのです。
    早めに対応することが、余計な変形を最小限にとどめ、また短期間の改善につながります。
  • 成長期におけるお子様の運動前後には入念なストレッチが必要になります
  • 比較的早く痛みがなくなる場合も多いのですが、当面激しい運動は出来るだけしないような指導を行っていただきたいと思います

オスグット(成長痛)のコラム

フォローする