O脚(膝の内反)

  • 下肢が膝のところで離れている状態。膝の間に2本の指が入るほどのすき間が目安

※膝がくっついて、足首のところで開く状態をX脚=膝外反と言う)

O脚(膝の内反)の原因

O脚(膝の内反)の一般的に言われる原因

先天的な骨の病気

  • くる病
  • 骨折
  • 幼少期の膝への過度の荷重、もしくは長途歩行
  • 乳児期に立位強要  etc.

※上記のような原因も考えられますが、よくありがちなO脚は骨盤後傾によるガニ股状態。

O脚(膝の内反)へのアプローチ

O脚(膝の内反)の無痛整体的アプローチ
  • 股関節、膝部周辺の筋緊張の緩和
  • 股関節 膝部周辺のゆがみの是正
  • 骨盤の位置修正
  • 全身調整で、遠隔部の歪みをとり、再発しにくい状態を作る
  • 自律神経調整を行う

O脚(膝の内反)治療に際しての確認

全身施術する理由
  • 膝のゆがみは全身に悪影響を及ぼしていることが多い
  • 全身施術により、自律神経に働きかけやすくなる
その他気を付けたい点
  • 一般に、2歳ぐらいまでのO脚は自然に消失するもので、生理的O脚と言い、正常です
  • その後、ある程度の年齢になっても、病気が原因なければ、自然治癒する事も多いので、経過を観察となります
    • (どちらかと言えば、X脚の方が問題です)
  • 内側の半月板への悪影響(痛みを伴うこともあります)や、外側側副靭帯(膝の外側の靭帯)、さらには股関節、足首などへの悪影響も考えられますので、痛みがなくても、対処をしておくほうが良いかと思います
  • 生活環境においても改善の速度に大きく影響を与えますので、無理をせず一緒に改善に向けがんばりましょう

O脚(膝の内反)のコラム