• うまく動かない、力が入らない(運動の麻痺)
  • さわった感じがわからない(感覚減退)
  • しびれがきれた感じ(感覚異常)

などの症状

痺れ(手足のしびれ)の原因

痺れ(しびれ・手足のしびれ)の原因
●片方の手または足の麻痺の原因
脳の病気、脊髄の病気(損傷)、末梢神経の病気の可能性.多いのは大脳表面の最高中枢の病気か末梢神経の病気
●左右の足の同時麻痺の原因
ほとんどが脊髄の病気(損傷)

※当院にしびれの症状でこられる方の多くは、関節部(特に椎間関節)のずれや歪みによる神経や血管の圧迫等で痺れがおきています。

※脳の障害など重篤な可能性もありますので、まずは病院にてMRIなど精密検査をおすすめします。

手のしびれへのアプローチ

  • 頚部、肩部を始めとした狭窄の可能性のある部位への施術
  • 神経の圧迫箇所及びその周囲への直接的なアプローチをし、しびれの軽減をはかる
  • 自律神経調整を行い、しびれが再発しにくい体質を作っていく

足のしびれへのアプローチ

  • 腰部、脊椎の狭窄の可能性のある部位への施術
  • 脊椎を中心とし、骨盤とその周囲への直接的なアプローチをし、しびれの軽減をはかる
  • 全身調整で、各部に散在する要因を除去
  • 自律神経調整を行い、しびれが再発しにくい体質を作っていく

痺れ(手足のしびれ)治療に際しての確認

全身施術する理由

  • 本当の原因は椎間の狭窄部以外にあることも多い
  • 本当の原因を残すと、そこがきっかけとなり再発しやすくなる
  • 全身施術により、自律神経に働きかけやすくなる
  • 自律神経と骨格調整を同時に行うことで、再発しにくい状態を作りやすい etc.

その他気を付けたい点

  • 脳の内部が関係する重篤な状態の可能性がありますので、病院での診断を欠かしてはいけません
  • 症状が出た時には、すでに歪みは大きく進行しています。早めの正しい対処が必要です。
  • 生活環境においても改善の速度に大きく影響を与えますので、無理をせず一緒に改善に向けがんばりましょう。
  • 外傷で発症したしびれも同様な考え方で治療を進めます

手足のしびれのコラム