側湾症

  • 脊柱の側方湾曲とねじれをともなう変形
  • 多くの側湾症は軽度のため、自覚症状はない
  • 疲労感や痛み
  • 重度では肺や心臓を圧迫による心肺機能障害
  • 成長期の女性に多い

側湾症の原因

側湾症の一般的に言われる原因
  • 原因不明(特発性脊柱側弯症)…最も多い
  • 先天性
  • 麻痺性
  • 筋性  etc.
側湾症の無痛整体的な視点から見た原因
  • 日常の姿勢が悪い(当院に来られる方はほとんどこれに当たると考えます)
  • 人は、体全体がバランスよく成長するように、遺伝子にインプットされていますが、その作用が過度に働いたか、統制する働きが弱かったか、どちらか etc.

側湾症へのアプローチ

側湾症の無痛整体的アプローチ
  • 側湾症の直接的な痛みの原因の除去(脊柱全体の調整)で痛みの軽減
  • 全身調整(間違いなく各所に悪影響が出ているので)を行う
  • 自律神経調整を行い、バランスの良い成長を促す

側湾症治療に際しての確認

全身施術をします
  • 脊柱のゆがみや、その痛みは、全身に悪影響を及ぼしています
  • 悪影響を受けた箇所を残すと、そこがきっかけとなり再発しやすくなります
  • 全身施術により、自律神経に働きかけやすくなります
  • 自律神経調整で、本来人が持っている元に戻る力を呼び起こします
その他気を付けたい点
  • 病院では経過観察になることが多いと思いますので、引き続き経過観察をお願いします
  • 一般的には緩やかな進行性になりますので、改善が早いお子様でも定期的で長期の治療となります
  • 成人の場合は更に根気良く治療をしなければなりません(痛みなどが具体的にあれば、その軽減は比較的早めに感じていただけることは多いです)
  • 生活環境においても改善の速度に大きく影響を与えますので、無理をせず一緒に改善に向けがんばりましょう。

側湾症のコラム