スポーツ障害

スポーツ障害に対する自然整術の考え方

  • 全身バランスよく使うスポーツはなかなか無いもので、偏った使い方、特定部位に負担がかかるものです。
  • 当然、負担のかかる部位に何か悪影響が出ることが多いです
  • 野球なら野球肘、野球肩、ジャンプ競技のジャンパーニー(膝)、など競技の名前がつくほどです。
  • おおむね、膝、肩が多く、腰、首にも負担が大きくかかっている様です。
  • 同じ場所に同じように毎日のように負担がかかりますので、治りにくそうに思いがちですが、 日ごろ鍛えている方は症状の改善がとても早いです。(筋肉がガッチリと関節などを守っており、治りやすいのもあるのですが、体の治ろうとする力がとても強いです)

※やはりスポーツの負担は大きなものになりますので、無理を重ねると、手術の適応になってしまいますので、気をつけなければなりません

当院の無痛整体療法は、

  • 全身治療で自律神経への働きかけを行うことで、自分で治ろうとする力(自己治癒力)のきっかけを与えるイメージです。
  • 原因がわからないぐらいの体の小さな歪みも改善し、さらには、再発しにくい状態を長く保つことも可能です。
  • 症状の改善を優先に考えます。
  • 全身のバランスの調整と自律神経への働きかけで、自己回復力に拍車をかけ、再発の防止を目指します。

スポーツ障害のコラム

フォローする