ホームページへようこそ
安心の無痛整体
和泉市、紀の川市・整体のご案内
あなたは『安心して整体院に行けますか?』
『心地よい整体と痛い整体、どちらがいいですか?』
『効果の長続きする整体はいかがですか?』

つじ自然整術院の『無痛ゆらし整体』で、安心、安全、効果の高い整体を一度ご体験下さい

※はじめての方はここをクリック 『5分でわかる・無痛整体!!』

無痛整体コラム
  • このページはブログ形式で書かれたコラム記事のページです。
  • 整体にご興味がございましたら、上部にあるメニューからお入りください。

睡眠時無呼吸症候群

施術をしていて呼吸が淡くなったり、
止まったりする方がおられます。

浅く睡眠状態になっているので、
本当の睡眠時にも症状が出ているのだと思います。

よく言われるのが、
太ってしまい、気管が狭くなっていると言うものですが、
太っていない人も症状が出ていますし、
太っている人でもきちんと呼吸出来ている方もおられますので、
多くの要因の一つに過ぎないのでしょう。

呼吸が止まってしまう要因として、
気管が狭くなるのと同時に、
自律神経の不調が考えられます。
(呼吸を自律神経が調節しているので、当然といえば当然)

気管が狭くなる要因はストレスも考えられます。
ストレスで、各器官は収縮傾向を見せますので、
気管も収縮する可能性があります。

さらにストレスは、自律神経を乱す原因でもありますので、
交感神経が優位な状態でコントロール出来ることでも、
副交感神経が優位の状態でコントロールが甘くなることもあるのでしょう。

タイトルとURLをコピーしました